FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えろぐ

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!

click!









スポンサーサイト

フィギア

フィギュアスケートの世界選手権は第4日の23日、女子のショートプログラム(SP)があり、全日本選手権2位の安藤美姫(トヨタ自動車)が67.98点で2位につけた。今季グランプリ(GP)ファイナル2位の浅田真央(愛知・中京大中京高)は61.32点で5位、前回5位の中野友加里(早大)は60.62点で7位。今季GPファイナル女王の金妍児(韓国)が国際スケート連盟公認の女子歴代最高となる71.95点で首位に立ち、2連覇を狙うキミー・マイズナー(米国)は






アイスダンスはフリーが行われ、オリジナルダンス(OD)まで16位の渡辺心、木戸章之組(新横浜プリンスク)が計152.21点で15位。ODまで首位のアルベナ・デンコワ、マキシム・スタビスキー組(ブルガリア)が計201.61点で2連覇を飾った。24日は女子のフリーが行われる。
 ◇完ぺきな演技で2位…安藤、4回転サルコウへの挑戦を宣言
 世界女王の座が視界に入ってきた。前回優勝のマイズナーが自己ベストを更新しても4位止まりというハイレベルな争いの中、安藤が完ぺきな演技で2位につけた。
 冒頭に3回転ルッツ―3回転ループの大技を決め、続く3回転フリップも成功。昨シーズンに比べて相当上達したストレートラインステップに入る直前には曲に合わせ、「シェラザードのお姫さまになった気分で表情を作った」。両手を大きく動かしながらスピードに乗り、観客の手拍子を誘った。最後はI字スピンで締め、自己ベスト(67.52点)を更新する67.98点をマークした。
 昨年12月下旬の全日本選手権で右肩を負傷し、2週間は練習はもちろん、寝返りをうつことすらできなかった。さらに今大会前には靴が合わず、またも練習中断の時期があった。肩の影響でビールマンスピンも封印せざる得ない。「体力面の不安があり、緊張していた」と明かす。そんな中でノーミスで通した安藤は、重圧に負けて15位と惨敗したトリノ五輪当時とは別人。五輪後は食生活を管理し、体を絞ってきたが、大舞台で見事にトリノの汚名を返上した。

 「東京の世界選手権で自己ベストを更新できてホッとした」と、久しぶりに笑顔を振りまいた安藤。フリーに向けて「今大会がゴールではない。今季最後の試合なのでやりたい」と、4回転サルコウへの挑戦を宣言。一皮むけた安藤が、女子では世界唯一の大技で金メダルを狙う。【来住哲司】
 ○…初優勝の期待がかかる浅田真が5位と出遅れた。最初の3回転ルッツを決めたが、続く3回転フリップ―3回転ループのコンビネーションジャンプで、ループが1回転となるまさかのミス。「フリップは良かったけど、その後の踏み切りが一歩遅れてしまった」とうつむいた。ほぼ完ぺきな演技でまとめたライバル・金ヨナには10点以上も差をつけられた。初制覇にはフリーでのミスは許されない。「得点は気にせず、パーフェクトな演技で200点台を出したい」と自らを奮い立たせていた。
 ○…GPファイナル女王の金ヨナが自己ベスト(65.22点)を大きく更新する71.95点。サーシャ・コーエン(米国)が03年スケートカナダで出した71.12点を上回り、女子歴代最高だ。最初の3―3回転連続ジャンプは抜群の美しさで、イナバウアーからのダブルアクセル(2回転半)でも観客を魅了した。「スパイラルで少しバランスを崩したので、期待以上の点が出た」とホッとした様子。腰痛については「来日直後は痛かった。自信はなかった。今日は痛くなかったが、油断しないようにしたい」と不安を残しているが、そんなハンディを感じさせない演技だった。
 ○…60.62点でSPの自己記録を更新した中野が、7位とまずまずの順位につけた。最初の連続ジャンプのうち、3回転ジャンプでバランスを崩しかけたが踏みとどまった。最後まで笑顔で滑りきった中野は、「自分の納得いく滑りができて満足している」と晴れ晴れとした表情。浅田と安藤に注目が集まったため「集中できた」とも。ほどよい緊張感の中、フリーでもベストを尽くす。

スポーツ

デデューって言いにくいよね
オリンピックでもないのにシンクロがそこそこ盛り上がってて
なんか不思議な感じがするが、それはそれ、あのデデューが戻って参りました!






デデューを知らない人のために少しだけ説明を。

ヴィルジニー・デデュー(Virginie Dedieu)
フランス人の28歳。芸術の域にまで達した表現力の高さと、それを支える
完璧な技術を併せ持ち、シンクロソロで敵なしの時代を築く。
2005年突如として引退を表明するも、今回の世界水泳で1度きりのカムバックを果たす

と簡単な説明になったが、もはや生ける伝説になりつつある彼女。
引退してから1年間まったくプールに入っておらず、
さらに復活を決意してから大会まで4ヶ月しかなかったにも関わらず
「イシェンコ(現世界トップ)にならまだ勝てる」と確信して今回挑戦、
実際勝っちゃうんだから本当にすごい。しかもこれで本当の引退。
なんだこの完璧なストーリーは。きっと彼女のストーリーはシンクロ界で
永遠に語り継がれるのであろう。そしていつか映画化だな。

そういえば彼女のトレードマークといえば鼻栓。とはいってもつけてる姿じゃなくて
彼女はシンクロでは珍しく鼻栓をつけずに泳ぐのだ。なんでも
水が入ることが無いらしい。不思議不思議。
大昔にニュースステーションのゲストに出た時もそこら辺をやたらつっこまれてたなぁ。
そういえば今日出ていたアメリカの選手もデデューにあこがれて
鼻栓なしでシンクロができるように努力したらしい。
んー、その努力の方向は間違ってないか?

日本期待の原田早穂は残念ながら4位。どうなんでしょうか、少し上位3人とは
差があるような感じも……という印象。



オリンピックにシンクロソロはもうありませんが、シンクロデュエットと
シンクロチームは日本がメダルを期待できる数少ない種目の一つ。
日本のシンクロ界を支えてきた井村ヘッドコーチが中国に引き抜かれ
スペインもほぼ日本と互角の実力をつけてきている今、
是非ともこの実力を維持してがんばってもらいたい!!

テーマ:水泳 - ジャンル:スポーツ

こんな ブログ 見る人いる?

ブログ はじめて 5時間経過、、、。
未知の世界
、、、。

続きはWEBで

続きはWEBで

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。